ワンルームマンション

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

ワンルームマンション

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > ワンルームマンション
五十音順検索

ワンルームマンション

ワンルームマンションとは、
具体的な定義はそれぞれの自治体によって異なりますが、もともとは1980年代ころから不動産の小口投資用として登場したものであります。それまで不動産投資の対象は、オフィスビルや1棟売りマンションなど億単位の物件が中心だったが、一般の会社員でも買える数千万円の投資物件として注目され、急速に普及したものです。初期のころは1部屋15平方メートル程度と面積も狭く3点ユニットバスのタイプが中心でありました。
 
 
しかし、現在は20平方メートル以上でバス・トイレ分離タイプが増加していて、実家から離れて暮らす学生や狭い部屋でも十分と考える単身者など入居者のニーズも変化していて、その需要も豊富にあります。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.