土地基本法

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

土地基本法

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 土地基本法
五十音順検索

土地基本法

土地基本法とは、
国土利用に関する法律の一つです。
土地についての基本理忠、国、地方公共団体、事業者および国民の責務、土地に関する基本的施策等を定めることにより、土地政策を総合的に推進し、国民生活の安定と国民経済の健全な発展に寄与するために制定された、土地についての憲法というべき法律であります。
 
この法律では、
1、土地についての公共の福祉の優先。
2、適正な利用及び計画に従った利用。
3、投機的取引の抑制。
4、価値の増加に伴う利益に応じた適切な負担。
の4つの基本理念が掲げられています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.