登録免許税

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

登録免許税

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 登録免許税
五十音順検索

登録免許税

登録免許税とは、
流通税といわれる国税の一つであります。
 
登記、登録、特許、免許、許可、認可等につき登記簿等一定の公簿に登記登録する際に課税されるもが登録免許税と呼ばれています。
 
納税義務者は登記等を受ける者で、課税標準および税率は、登記等の区分に応じ登録免許税法別表第一の課税標準欄に掲げる金額または数量によります。
 
不動産登記で課税標準とされる不動産の価額は登記時の時価ですが、不動産の時価の把握が困難であることから、当分の間固定資産課税台帳の登録価格とされています。
 
また、個人の住宅用家屋等一定の新築住宅の保存登記等には軽減税率が適用されますので利用した方が良いです。
 
税金の納期は登記等を受ける日で、現金または印紙で納付することとされます。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.