手付金

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

手付金

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 手付金
五十音順検索

手付金

手付金とは、
売買等の権利の得喪に関連して当事者間で授受される金銭等の一つであります。
 
売買契約のときに買主から売主に支払われるお金であり、全代金の1〜2割が一般的とする意見が多いです。手付金には、証約手付、違約手付、解約手付という3つの性格があり、特に定めがない場合や売主が不動産会社などの宅建業者の場合には解約手付とみなされ、単なる代金の前払いとは違い、特別な意味を持ちます。
 
また、宅建業者は、売買代金の2割以上の手付金を受け取ってはならないとされています。
また、手付金額が2割以下でも一定の前金保全措置が法律で義務づけられています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.