DCF法

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

DCF法

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > DCF法
五十音順検索

DCF法

DCF法とは
鑑定評価で用いる収益還元法の手法の一つであります。
 
分析対象不動産について、分析期間(保有期間)における純収益の流れを一連のキャッシュフローで表す分析手法をいいます。
この場合のキャッシュフローには、分析期間末の復帰価値に係るものを含み、分析期間中の不動産の運用に係る一連のキャッシュフローと分析期間末の復帰価値を現在価値に割り引き、これらを合計したものが対象不動産のDCF法による価格となります。
平成14年7月の鑑定評価基準の改正に伴い、収益還元法の手法の一つに規定化されました。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.