短期プライムレート

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

短期プライムレート

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 短期プライムレート
五十音順検索

短期プライムレート

短期プライムレートとは、
銀行が最優良の企業に信用リスクの大きさに応じて上乗せ金利を付け加え、貸し出す際の「最優遇貸出金利=プライムレート」のうち、1年以内の短期資金の金利が「短期プライムレート」です。
省略して「短プラ」と言われています。
 
1988年までは公定歩合に連動していたが、その後は譲渡性預金(CD)などの市中金利に連動して決まる「新短期プライムレート(新短プラ)」が普及しています。
新短プラに1%上乗せした水準が住宅ローンの変動金利になります。つまり、現在のローン金利は長期プライムレート(長プラ)には連動しないということです。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.