第二種低層住居専用地域

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

第二種低層住居専用地域

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 第二種低層住居専用地域
五十音順検索

第二種低層住居専用地域

第二種低層住居専用地域とは、
都市計画法で決められた用途地域の一つです。
用途地域の中でも厳しく住宅以外の建築を制限している地域です。
 
主として低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域をいい、建築できる建物の種類や高さ制限は第一種低層住居専用地域とほぼ同じ。唯一の違いは小規模な飲食店や店舗などの建築が可能なこと。具体的には2階以下で床面積が150平方メートル以内で、日用品の販売店、食堂、学習塾そのほかの各種サービス業を営む店舗。パン・豆腐など自家製造販売の場合は、作業場の面積が50平方メートル以内とされています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.