相続税

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

相続税

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 相続税
五十音順検索

相続税

相続税とは、
財産税の一つであり、親族などが死亡したことにより、財産を譲り受けた者に対してかけられる国税のことです。
 
目的は富の集中を排除になります。所得税の補完税として、相続・遺贈等により土地・家屋等の財産を相続した個人に対して課税するものであります。
 
相続税の総額は、分割の仕方に関係なく算出される。
まず、債務等を除いた遺産総額から基礎控除額(5,000万円と1,000万円に法定相続人数を乗じた金額の合計額)を差し引いた課税遺産額を、法定相続人が民法の法定相続分の割合に従って取得したものと仮定し、各人の取得価額に応じ、10〜50%の超過累進税率を適用して算出された税額を加えて相続税の総額を求めます。
 
各人の税額は、相続税の総額を取得財産に応じ案分して求め(法定相続分による遺産取得課税方式といわれる)、さらに、相続人の個別事情に応じた配偶者の税額軽減や未成年者控除等を行って実際の納付税額を算出します。
 
申告期限・納期限は相続開始の日の翌日から10カ月以内で、延納・物納等が認められています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.