相続時精算課税制度

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

相続時精算課税制度

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 相続時精算課税制度
五十音順検索

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度とは、
高齢化の進展を考慮した政策の一つです。
次世代への資産移転の円滑化等を図るため採られた、相続税・贈与税の一体化措置であります。
 
親から子への生前贈与について、受贈者の選択により、贈与時に贈与税を支払い、相続時には生前贈与財産を加算して相続税を算出し、支払った贈与税を控除する制度であります。
 
これにより、生前贈与の有無にかかわらず、相続税は同額となり、贈与時に、 2,500万円の特別控除(累積で、限度額まで複数年にわたって適用される)があり、これを超えると一律20%の税率で贈与税が課税される。というものです。
しかし、贈与者(親) 65歳、受贈者(子) 20歳以上等の要件がありますので注意が必要です。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.