ゼネコン

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

ゼネコン

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > ゼネコン
五十音順検索

ゼネコン

ゼネコンとは、
総合工事業者、または総合建設請負業者を意味するゼネラルコントラクターの略でゼネコンとよばれています。
 
土木、道路舗装、建築など、あらゆる建設工事をカバーする売上高上位数社がスーパーゼネコンと呼ばれています。
住宅関連では、大小のマンションや大規模開発を手がけ、売買も伴い、売主を兼ねることもあります。
また、ゼネコン自体が現場で建物を作っていくわけではなく、具体的工事はサブコントラクターであるサブコンに任せ、該当開発地域の建設プロジェクトの企画や立案、事業計画、設計などの面と、工事過程の施工管理、安全管理などを行っています。 
さらに、プロジェクト全体の脳としてノウハウを提供し実行する立場であります。
ゼネコンは建築一式を請け負う業者のことで、特定分野の専門工事をする建築業者=コンストラクターとは違います。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.