絶対地代

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

絶対地代

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 絶対地代
五十音順検索

絶対地代

絶対地代とは、
地代の成立に関する考え方の一つであります。
 
差額地代が生じない最劣等の農地であっても、土地が私有されている限り、地代を支払わなければ土地所有者は使用を許さないというものであり、言い換えれば、耕作される最劣等地では差額地代と異なる地代が生じることになり、その地代が絶対地代と呼ばれています。
 
最劣等地以外の農地では、絶対地代に差額地代を加えたものが現実の地代になるとされています。
 
差額地代は生産物の市場価格に基づいて生じる剰余が源泉であるから、生産物のコストとならないのに対し、絶対地代はそれ自身がコストとして生産物市場価格を決定する要因となります。特に農業においてのみ絶対地代が成立するとするのは、農業では資本の有機的構成(労賃部分に対する資本財部分の比率)が他産業よりも低いという前提によることからきています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.