消費者契約法

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

消費者契約法

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 消費者契約法
五十音順検索

消費者契約法

消費者契約法とは、
悪質な事業者から消費者を保護する法律です。
不当な勧誘によって消費者が事実を誤認したり、困惑した状況で結ばれた契約を取り消せるようになっています。
 
適用対象は、消費者と事業者との間で締結されたすべての契約です。その為事業者には、消費者に必要な情報を提供する努力義務を課しています。
 
注意すべき点は、事業者の不当行為の立証責任は消費者の側にあるため、事業者の言ったことなどの証拠を残しておく必要があります。
双方の主張に争いがある場合は裁判で解決することになるのでこのようにしておかなければなりません。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.