消費税

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

消費税

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 消費税
五十音順検索

消費税

消費税とは、
税の負担者と納税者が異なる間接税の一つで、課税物件の補足状態を基準とする財政学上の分類で、物品・サービスの消費という事実に担税力の存在を推測して課する租税であります。
 
事業者に課税するが、転嫁により負担が消費者に帰着することを期待する間接税の性格も有するため、わが国の消費税は、一般消費税、間接消費税といわれています。
 
平成元年に導入された。当初の税率は3%でした。
平成9年4月に(国に納める消費税4%と都道府県に納める地方消費税1%を合わせた)税率は5%に引き上げられました。
これまでは外税表示とするか内税表示とするかは納税義務者である企業の選択に任せられており外税表示が多かったが、平成16年4月から「総額表示方式」(内税表示)が義務化されることになったという経緯があります。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.