譲渡所得

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

譲渡所得

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 譲渡所得
五十音順検索

譲渡所得

譲渡所得とは、
所得税法上の所得分類の一つです。
個人の資産の譲渡による所得で、資産には、土地、借地権、建物、船舶、機械器具、地上権や無体財産権等一切の資産が含まれるが、棚卸資産や山林の譲渡は除かれます。
 
保有期間が5年以内の資産の譲渡による所得を短期譲渡所得、5年を超えるものを長期譲渡所得といい、資産は、土地建物等とそれ以外の資産に区分し、前者は租税特別措置法により分離課税とされ、後者は所得税法により他の所得と合算して総合課税の対象とされます。
 
土地建物等の譲渡所得は、収入金額から取得費、設備費、改良費および譲渡費用等並びに特別控除を差し引いて算出します。
短期譲渡所得の場合、これに39%の税率(所得税30%、住民税9%)を乗じて税額が算出されます。
長期譲渡所得の税率は、 20%(所得税15%、住民税5%)となっています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.