住宅取得資金に係る相続時精算

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

住宅取得資金に係る相続時精算

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 住宅取得資金に係る相続時精算
五十音順検索

住宅取得資金に係る相続時精算

住宅取得資金に係る相続時精算とは、
相続税法に認められた住宅取得にかかわる特例措置の一つです。
住宅投資促進のため、住宅の取得または増改築に充てる資金を贈与により取得した場合に、相続時精算課税の特例として創設された制度であります。
 
5分5乗による低率な税率が適用される住宅取得資金等の贈与を受けた場合の特例との選択適用により、平成17年12月末まで実施されていました。
 
一般の相続時精算課税制度に比し、 65歳未満の戟からの贈与であっても適用があることと、 1、000万円の住宅資金特別控除額を上乗せして、相続時精算課税制度の特別控除が3、 500万円まで拡大されることが特徴となっているものです。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.