住宅借入金等特別控除

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

住宅借入金等特別控除

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 住宅借入金等特別控除
五十音順検索

住宅借入金等特別控除

住宅借入金等特別控除とは、
所得税の税額控除の一つであります。
 
住宅ローン控除といわれるもので、住宅借入金等を有する場合、年末のローン残高に応じ、一定額を税額控除するとされています。
 
個人が、一定の新築住宅もしくは一定の既存住宅の取得または自己の居住の用に供している家屋に一定の増改築等をして、これらの家屋を自己の居住の用に供した場合(取得等の日から6カ月以内に限る)において、その者が当該住宅の取得等に係る借入金等を有するとき、その居住の用に供した年に応じ以後10年間(合計所得金額が3,000万円以下の年に限る)、所得税の税額控除が認められる。
償還期問10年以上の金融機関等からの借入金、割賦払債務等を負担して住宅の取得等をした者で、控除額は、平成16年から20年までの居住年に応じ、借入金等の年末残高の1〜0.5%です。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.