実測図

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

実測図

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 実測図
五十音順検索

実測図

実測図とは、
測量成果を表す図面の一つです。
一般的には、土地の面積(平面)、高低(断面)の現況を測量した図面を意味し、測量に必要な座標点、測量区間の数値、算出された面積、作製者等が明示されているものです。
 
もともと明治初期の地租改正事業で作られた地図を基にしたものであり、土地一筆ごとに測量されたが、当時の技術の稚拙さに加え、住民の申請方式だったために、曖昧な申告であり、大掛かりな改革が行われた都市部以外の場所についてはかなり不正確です。
 
なお、土地の実測平面囲は、通常、現況の境界(占有界)に基づき測量されることが多いため、不動産登記法における地積の測量図(地積測量図)とは必ずしも一致しないとされます。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.