死因贈与

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

死因贈与

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 死因贈与
五十音順検索

死因贈与

死因贈与とは、
贈与者が生前に受贈者と約束して行う贈与です。
「自分が死んだら、この土地または家を贈与する」という約束です。
 
つまり贈与する人の死亡によって効力が発生する贈与契約をすることをさします。形としては贈与になるが、相続税法上では相続で財産を受け継いだのと同じ扱いになり、贈与税ではなく相続税の対象になります。
遺言書がなくても遺言と同じような効果を持ち、書面で行った通常の贈与契約は財産をもらった人の承諾がないと取り消せない。
死因贈与は遺言で取り消したり変更することはできます。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.