サービスルーム

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

サービスルーム

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > サービスルーム
五十音順検索

サービスルーム

サービスルームとは、
 
昔の呼び名で「納戸」表記のこと。
間取りの表し方に「3LDK+S」といった表現が使われていることがあります。この「S」がサービスルーム。
このほかにも、STR、DENなどさまざまな表示をされています。このような略語が書いてあれば、それはサービスルームと同じ「納戸」という意味です。
 
建築基準法で居室の有効採光率が決められている。住宅の場合は「開口部(窓)の大きさが居室床面積の7分の1以上」。この規定よりも窓が小さいと居室として認められないので、サービスルームといっています。
 
部屋の広さとは直接は関係ないく、実際には独立した部屋として十分に使えても、採光がとりにくいので注意が必要。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.