路線価方式

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

路線価方式

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 路線価方式
五十音順検索

路線価方式

路線価方式とは、
土地の課税価額を算出する評価方法の一つで、主として市街地的形態を形成する地域にある宅地を、その面する路線ごとに付された平方メートル当たりの路線価額に面積を乗じて計算した金額により評価する方式であります。
 
路線価は、宅地の価額が同一と認められる一連の宅地が面している路線ごとに、近傍の売買実例価額、精通者意見価格等に基づいて公示価格水準の8割程度を目途に設定されます。
1、その路線の中央部で、
2、その一連の宅地に共通した地勢で、
3、その路線だけに接し、
4、間口、奥行が標準的な矩形または正方形の宅地(標準画地)につき、
となります。
 
個々の宅地の価格を求めるには、角地、二方路線地、奥行が特に深い土地および不整形地等の利用上の有利不利に応じて補正が行われるのが一般的です。
 
なお、相続税、贈与税および地価税(現在は課税停止中)の財産評価に用いられ、毎年改訂されて公開されています。
そして、固定資産税や公共用地取得にも用いられる市街地宅地の評価の方法であります。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.