二重天井

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

二重天井

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 二重天井
五十音順検索

二重天井

二重天井とは、
上階からの雑音を防ぐために、二重構造になった天井のことをいいます。
 
マンションの天井仕上げの方法は2種類あり、ビニールクロスなどをスラブに直接張る直天井と、ボルトなどでスラブからプラスターボードを吊ってクロスを張った二重天井があります。その後者のことであります。
 
直天井の場合、床を支えるための小梁や換気用ダクトを通すための下がり天井などの出っ張りが発生します。
また、上階が直床で直天井では遮音性も低いので住居用としては向きません。
二重天井なら、ダクトを通す空間ができ、小梁の出っ張りも吸収できる。また、必然的に遮音性も高くなります。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.