内覧会

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

内覧会

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 内覧会
五十音順検索

内覧会

内覧会とは、
未完成の新築マンションや建売住宅を購入した場合で、引き渡し前に完成した建物の施行状態をチェックする手続きのことです。
注文建築でいう「施主検査」と同じ意味合いになります。
 
念入りにチェックして、契約内容と違ったり、施行不良などがあった時には、この段階で修正してもらうように申し出ます。
指定通りに直るまでは、契約条項の履行がないものとして、残金を支払わずに話し合いましょう。
内覧会で、建築士などのプロを別途雇って確認してもらうこともできますが、その際は自分側にの費用が発生します。
 
なお、完成済みの建売住宅を販売するときに現地を案内することも内覧会といっています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.