内装制限

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

内装制限

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 内装制限
五十音順検索

内装制限

内装制限とは、
内装制限とは建築物の初期火災の延焼を防止するため、天井の仕上げ材や壁に燃えにくい材料を使用するように規制した制限です。
 
火災発生時の延焼を防ぐため、建築物の用途、構造、規模に応じた一定範囲に燃えにくい内装材を使用しなくてはならない規定とされています。
 
戸建て住宅では、キッチンなど「火気使用室」が対象となり、天井・壁材は準不燃材料か不燃材料を使用しなくてはならなりません。
 
ただし、耐火建築物、最上階にある火気使用室は適用外となります。また、キッチンとダイニングなどのエリアとの間に50cm以上の垂れ壁があれば、キッチン以外のスペースは内装制限から除外できるものとされています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.