ミニ開発

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

ミニ開発

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > ミニ開発
五十音順検索

ミニ開発

ミニ開発とは、
小規模の建売住宅団地開発の一つで、市街地や郊外住宅地の一部等に生まれた空地を細分化し、買いやすい手頃な値段を設定して、売りに出すスタイルであります。
 
一般的に、10棟に満たない規模で分譲される建売住宅団地のことが多いです。大規模開発がスケールメリットを生かして良好な住環境を創造できるのに対して、ミニ開発は周辺の住環境の善し悪しに左右されますので注意が必要です。
 
敷地面積は広くないので、庭もあまりとれない場合が多いです。都心に近い地域では1区画100平米以下の狭小地で、住宅が密集しているケースも多いです。
 
ただ、大規模開発が郊外に多いのに比べて、ミニ開発は比較的利便性の高いエリアでも行われますので駅が近い物件もあります。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.