水セメント比

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

水セメント比

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 水セメント比
五十音順検索

水セメント比

水セメント比とは、
コンクリートの強度を表す指標の一つです。
主要な材料である水とセメントとの割合で、水量をw、セメント量をcとすると「w/c」の百分率で示されます。
 
水が多いほど練り混ぜしやすく、型枠にも打ち込みやすい半面、コンクリートの強度は低下します。建築用コンクリートでは水セメント比は50〜65%。住宅金融公庫では、水セメント比の最大値を、普通コンクリートの場合が65%、軽量コンクリートの場合で60%と定めています。
 
微妙な違いでコンクリートの耐用年数に変化をもたらしますので、雨が降っているときなどは、打ち込み作業が難航または、出来ません。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.