マンション建替円滑化法

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

マンション建替円滑化法

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > マンション建替円滑化法
五十音順検索

マンション建替円滑化法

マンション建替円滑化法とは、
2002年6月12日成立された、老朽化した既存マンションの建て替えをスムーズに進めるために制定された法律で、区分所有者による良好な居住環境を備えたマンションへの建替えを円滑化し、民間が主体となった都市の再生を図るための法律です。
 
法律の柱は、都道府県知事の認可を受けた法人格を持つ「マンション建替組合」を設立できることであり、金融機関からの融資も受けやすくなります。
 
また、再建マンションに移行するにあたっての権利変換、税制等の支援措置を講じること、市区町村長が危険な老朽化マンションの建て替え勧告ができること、などを定めています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.