固定資産評価基準

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

固定資産評価基準

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 固定資産評価基準
五十音順検索

固定資産評価基準

固定資産評価基準とは、
不動産評価方法等の基準の一つです。
 
土地、家屋および償却資産について、その価格の評価の基準並びに評価の実施方法および手続きを定めた基準で、評価手法の全国的統一を図り、各市町村に適正かつ均衡のとれた評価をさせるための地方税法に基づく総務大臣の告示であります。
 
土地または家屋は、この評価基準に基づき固定資産評価員が1月1日現在の時価により評価し、その評価に基づいて市町村長が価格を決定し、評価基準によれば、宅地は売買実例価額により、家屋は再建築価額を基に、評点式評価法によって評価しています。
 
ようするに、各筆または各家屋ごとに評点数を付設し、その評点数を評点1点当たりの価額に乗じて、各筆または各家屋の価額を求めるということです。
 
具体的には宅地の評価においては、当分の問、標準的な宅地について基準年度の初日の属する年の前年の1月1日の地価公示法による地価公示価格および不動産鑑定士による鑑定評価から求められた価格等を活用し、これらの価格の7割を目途として評定するということになります。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.