固定資産税

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

固定資産税

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 固定資産税
五十音順検索

固定資産税

固定資産税とは、
財産税の一つです。
毎年1月1日(賦課期日)現在で固定資産課税台帳に登録されている土地、家屋および償却資産の所有者に、その所在市町村が課税するものです。
 
課税標準は、賦課期日現在のその物件の価格(固定資産税評価額)で固定資産課税台帳に登録されたものであります。
 
償却資産を除き、この価格は原則として基準年度(3年ごと)において決定されたものが翌年、翌々年度の価格となり、 3年間据え置かれるのが原則です。
 
土地または家屋の評価は、固定資産評価基準によって固定資産評価員が行い、その評価に基づいて市町村長が価格を決定しています。
 
土地については、莱際の税負担は、前年価格に対する負担水準や価格変動に配慮した調整措置がとられています。
税率は1.4%で、住宅用地や新築住宅には税負担の軽減措置があります。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.