国有宅地

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

国有宅地

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 国有宅地
五十音順検索

国有宅地

国有宅地とは、
財務省財務局が国有地の売り払い事業として放出している宅地のことです。
 
売却方法は2つあり、1つは一般競争入札で、一定の期間を決めて郵送で入札を受け付け、もっとも高い金額を出した人が落札するものです。なお価格は公示されません。もう1つは定価売払物件(価格公示売却ともいう)。
国が価格を提示して購入希望者を募集します。複数の応募があった場合は抽選になるのが一般的です。
また、敷地面積300平方メートル以下の小規模物件が多いいです。中古住宅もあります。
国が売主なので安心感が得られやすいということが挙げられます。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.