権利換更手続

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

権利変換手続

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 権利変換手続
五十音順検索

権利変換手続

権利変換手続とは、
市街地再開発事業の手続きの一つであります。
 
施行前の各権利者の権利を、再開発ビルの敷地や床に関する権利に変換する手続きで、都市再開発法に基づいて、手続き開始の登記、権利返還を希望しない場合の申し出、権利変換計画の縦覧・決定・認可・公告、権利変換の登記が行われます。
 
事業施行者は権利変換手続き開始の登記後、一定期間の経過を待って速やかに計画を作成し、その案の段階で公衆の縦覧に供した(ただし、個人施行者は縦覧に供する必要はない)後、建設大臣または都道府県知事の認可を受けなければならないと定められています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.