金融ビッグバン

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

金融ビッグバン

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 金融ビッグバン
五十音順検索

金融ビッグバン

金融ビッグバンとは、
金融政策の内の一つです。
 
金融の自由化、公正化と国際化を目指して日本の金融市場を国際市場にする第2次橋本内閣が提唱した金融制度改革のことになります。
具体的には、政府による「金融システム改革」を平成8年から段階的に導入し、平成13年3月、フリー(自由化)、フェア(公正化)、グローバル(国際化)の3本柱を掲げた改革を行ったことが挙げられます。
 
そして、インターネット上で金融サービスを行う際に妨げとなっていた様々な規制が廃止され、取引手数料の自由化、証券会社は免許制から登録制へ、銀行、証券、保険業務の相互乗り入れ等が行われるようになりました。
それが金融ビッグバンと呼ばれています。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.