共同抵当権

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

共同抵当権

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 共同抵当権
五十音順検索

共同抵当権

共同抵当権とは、
抵当権の形態の一つで、同じ債権を担保するために、数個の不動産の上に設定される抵当権のことです。
 
1つの債権に対して1つの不動産を担保とする通常の抵当権に比べ、複数の不動産を1つの債権の担保とするため、担保価値が高まるとともに、不動産価値の下落時にも担保価値が債権額を下回る危険性を最小限にとどめることができます。
日本の法制が土地と建物を別個の不動産としていることも加わって、例は極めて多いいです。
 
優先弁済を受ける方法としては、各不動産の価額に準じて同時に代価の配当を受ける同時配当と、ある不動産の代価からのみ配当を受ける異時配当とがあります。
 
共同抵当権が設定されると、個々の目的不動産の登記に、これと共同抵当関係に立っ他の不動産が存する旨が記載されるとともに、共同担保目録が作成されます。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.