キャピタルゲイン課税

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

キャピタルゲイン課税

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > キャピタルゲイン課税
五十音順検索

キャピタルゲイン課税

キャピタルゲイン課税とは、
課税の仕方の一つです。
土地、減価償却の対象となる有形固定資産、株式等の投資有価証券等、資本的資産の売却によって得られる値上がり益に対する課税であります。
 
値上がり益は長年の累積によるものが多く、売却も偶発的であることから、キャピタル・ゲイン課税は、その所得の特質と総合累進課税制度との関連で問題とされ、各国とも資産の種類および範囲、保有期間の長短、譲渡の態様等によってその取扱いを異にしています。
 
日本国では、資産の保有期間により短期と長期に区分し、個人の土地等譲渡益は分離課税されます。
法人の土地譲渡益については、通常の法人税のはかに追加課税が行われるが、取引の活性化等に配慮し、現在追加課税の適用は行われていないのが現状です。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.