危険負担

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

危険負担

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 危険負担
五十音順検索

危険負担

危険負担とは、
債権者と債務者の間の利害を調整する民法が定める制度の一つです。
例えば、売買の目的物である家屋が、近隣の出火によって履行前に焼失した場合、買主がその代金を支払う必要があるか否か、すなわち買主が危険を負担すべきか否か等について定めています。
 
つまりは、売買契約が済んで引渡しを待っている間に、地震や火事など、不可抗力によって物件の建物部分が崩れたり、なくなったりしたときに、どうするかを双方で決めることですね。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.