季節別時間帯別電灯

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

季節別時間帯別電灯

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 季節別時間帯別電灯
五十音順検索

季節別時間帯別電灯

季節別時間帯別電灯とは、
季節や時間帯によって電力量料金の単価を変えた契約タイプ。一般的に冬や夜の方が電気料金が安くなる傾向がある。
 
東京電力では「電化上手」、関西電力では「はぴeタイム」の名称で扱っています。一定容量の電気温水器などの夜間蓄熱式機器を使用している場合に利用できるものです。季節区分は夏期とその他季の2つ。夏期の単価が高い設定になっています。時間帯区分は昼間・朝晩・夜間の3つに分かれ、夜間ほど単価が低くなる設定です。
 
オール電化の場合は、さらに安くなる「全電化住宅割引」がある。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.