監視区域

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

監視区域

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 監視区域
五十音順検索

監視区域

監視区域とは、
国土利用計画法第27条の6より土地取引が規制される区域の一つです。
国土利用計画法により都道府県知事が指定する、地価が相当な程度を越えて上昇し、または上昇するおそれがあると認められる区域のことです。
 
この指定を受けると一定面積以上の土地取引を行う時は事前に都道府県知事に予定対価、利用目的等を届けなければならないと定められています。
 
届出対象面積については、都道府県等の規制で国土利用計画法で定められた面積より引き下げることができるものです。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.