階層別効用比率

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

階層別効用比率

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 階層別効用比率
五十音順検索

階層別効用比率

階層別効用比率とは、
不動産の立体的位置の価格を示す数値の一つです。
1棟の建物でも各階層によって、不動産としての、収益性や、快適性は、異なってくる。通常地上一階部分を基準として、各階層の専有面積当たりの経済的価値の割合を示した比率階層別効用比率という。
また、同一の階層内であっても横並びの住居がある場合に比較したものは位置別効用比率と呼んでいる。
主に、賃料を決めたり鑑定評価の為に用いる比率の測定方法である。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.