防火構造

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

防火構造

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 防火構造
五十音順検索

防火構造

防火構造とは、
建物の外壁や屋根の軒裏の仕上げが、一定の防火性能を持った構造のことです。
 
一定の防火性能というのは、周囲で起きた火災からの延焼を30分以上防ぐことができる性能を意味しています。
具体的には、外壁の屋外側を鉄網(ラス)モルタル塗りやサイディング貼りなどにしたり、壁内の間柱や下地に石膏ボードを貼ったり、または準耐火構造などにすることです。
 
都市計画法で定められた準防火地域や防火地域では、防火構造であることが求められますのでそのような観点から住居地域を選ぶのも良いといえます。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.