古家付土地

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

古家付土地

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 古家付土地
五十音順検索

古家付土地

古家付土地とは、
土地に古い家が付いているというニュアンスの物件です。
中古一戸建ての建物は、現在の日本の不動産市場では、築年が10年を超えると経済的価値が急速に下がり、ほとんど土地だけの価値になってしまいます。
 
そのため、物理的には建物が十分住める状態でも、物件広告では「中古一戸建て」とは表示されず「古家付土地」あるいは「売地(古家あり)」となります。
 
物理的に住めない場合は「売地(廃屋あり)」。どちらにせよ、すぐに新築を建築したい場合には土地代の他に建物の解体費もかかる点に注意が必要ですが、そのまま住む場合には物によっては安く上がることもあります。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.