不動産小口化商品

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

不動産小口化商品

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 不動産小口化商品
五十音順検索

不動産小口化商品

不動産小口化商品とは、
1980年代後半に登場した、共有持ち分権の信託方式による不動産共同投資商品が先駆けであり、オフィスビルなどの不動産を1棟ごとに売買する取引に対して、所有権を共有持ち分権などの小口に分けて販売する商品のことです。
 
具体的には、信託銀行が管理運営して、賃料から信託報酬や経費を差し引いた残りを配当するしくみです。その後、海外不動産を対象にしたものなど間口が拡大し、バブル崩壊で投資家に被害が発生したため、法律による規制が導入されました。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.