物納

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

物納

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 物納
五十音順検索

物納

物納とは、
相続税の納付方法の一つで、現金納付の原則に代えて、他の財産で租税を納付することであります。
 
遺産が課税対象となる相続税についてだけ認められているもので、金銭納付が困難で、かつ政府の許可のある場合に限り、その困難な金額を限度として例外的に認められる制度であります。
 
物納できる財産は、国債、地方債、不動産、船舶を第1順位として、社債、株式および貸付信託等の受益証券並びに動産に限られており、相続時精算課税の適用を受けた贈与財産は物納の対象とすることはできないので注意が必要です。
 
なお賃借権等のある物納不動産については、物納許可後1年間に限り、物納を撤回し金銭納付に変更できるとされています。
 
収納価額は、課税価格計算の基礎となったその財産の価額によるものとします。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.