光触媒

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

光触媒

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 光触媒
五十音順検索

光触媒

光触媒とは、
そのもの自体は触媒反応の前後で変化はしませんが、
光(紫外線)を吸収することにより反応を促進するものをいいます。光触媒になるものには半導体と色素(有機金属錯体)があります。
 
最近注目されているのは、光を当てると活性化して、表面に付着した物質を酸化分解するn型半導体の二酸化チタン(チタニアともいう)を使ったもので、脱臭、殺菌、汚染防止、有害物質の除去、鏡の曇り止めなどの機能があり、空気清浄器、建物の外壁などの用途が多い。また、葉緑素(クロロフィル)も光触媒の一種です。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.