ハートビル法

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

ハートビル法

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > ハートビル法
五十音順検索

ハートビル法

ハートビル法とは、
高齢者や障害者がスムーズに使える建築物を増やし、社会参加を支援するための法律です。
 
高齢化社会の日本では特に取り入れる必要性が高く、大規模な建物で、よく見られます。
 
正式には「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」。具体的には、デパート、ホテル、劇場など不特定多数が利用する建築物について、出入口、廊下、階段、トイレ、駐車場などの設計に配慮するように、建築主の努力義務を定めたもののことを指します。
 
一定の判断基準に適合すると認定建築物となり各種の優遇措置が受けられる制度もあります。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.