永小作権

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

永小作権

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 永小作権
五十音順検索

永小作権

永小作権とは、
民法が定めている物を直接支配する権利の一つです。

耕作や牧畜のために小作料を支払い他人の土地を使用できる内容の権利。もともとは荒れ地を自ら開墾した者が、半永久的な耕作権を持つという慣習的な関係から生まれた。永小作権の存続期間は、民法で20年以上50年以内と規定されている。
 
特段の期間の定めがない場合は30年。更新する場合は最長50年となる。また農地法の適用を受け、農業委員会が小作料の標準額を定めることができる。
尚、現在、新規で設定される例はほとんどないとされている。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.