印紙税

不動産(Real estate)に関する用語を集めた不動産用語集サイト

印紙税

の意味を紹介しています。
「このサイトの主旨」
  当サイト、不動産用語辞典は、不動産に関する用語を解説しています。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 不動産用語は、沢山あるので、全てではないですが、600以上の不動産用語の意味を紹介しています。
 不動産というと大きいですが、不動産投資用語も少し入っています。
 趣味で作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【不動産用語辞典】をご覧になっている方のお役に、
 少しでも立てれば嬉しいです。m(_ _)m
スポンサードリンク
不動産用語辞典TOP > 印紙税
五十音順検索

印紙税

 
印紙税とは、印紙税法に定められた課税物件に関する文書(課税文書)を作成する際に課せられる流通税の国税です。課税文書には、不動産の譲渡に関する契約書や、土地の貸借権の設定または譲渡に関する契約書などがある。納税義務者は、課税文書作成者です。
 
作成者には、各文書1通ごとに、印紙税法に定められた金額に相当する印紙を貼る義務があり、原則として課税文書に貼り、消印する方法で納めます。特例として,税務署長に税印を押すことを請求し、納付とする特例もある。
スポンサードリンク










 リンク

 プロフィール

Copyright (C)不動産用語辞典. All Rights Reserved.